フォトギャラリご案内

 
 
島万神社の大刀ふり(1)
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,194,374

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 14

ログイン

ログイン

 

“戦争の兆しに心いたむ芸術家”の作品展に 核のゴミ 処分場建設「適地」マップを国が発表

  • 2017年10月 1日(日)
  • 閲覧数
    36
堀口 達也

   「戦争の兆しに心痛む芸術家」の作品展が東舞鶴の画廊で開催され見に行きました。そしたら前大山崎町の真鍋宗平に出会いました。ひさしぶりで懐かしく立ち話でした。国は「核のゴミ処分」に困っています。原発再稼働で「使用済み核燃料プール」は満杯。全国で活断層や火山周辺、隆起した地層などがないところを「適地(処分場に)」としてそのマップを発表、ニュースをご覧ください。

日本共産党綾部市会議員 堀口達也後援会ニュース17年8月号No131です 1.4MB 堀口達也後援会ニュース