フォトギャラリご案内

 
 
円山古墳(その2)
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,215,492

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 1

ログイン

ログイン

 

国保料据え置きを答申

  • 2014年2月12日(水)
  • 閲覧数
    745

 綾部市国民健康保険運営協議会(会長 林重雄氏)は、2月7日の会議で、平成26年度の一人あたりの国民健康保険料を77,223円(一般、退職、介護を合わせた全体)とし据え置くと答申しました。その答申では「経済状況が依然厳しいことが見込まれることや消費税引き上げ等あるところから、基金を有効活用して」としています。
  市の国保料は、H23年・24年・25年と3カ年連続して値上げが続いていました。先の市長選挙でも、梅原康生(うめはら・やすたか)候補は「これ以上の値上げをさせないように」と訴えていました。



答申の概要
一人あたり保険料
     医療給付費分
           一 般     49,548円 (25年度 49,405円)
           退 職      58,297円 (25年度 58,129円)
    後期高齢者支援金分
           一 般      18,443円 (25年度 18,390円)
           退 職      21,824円 (25年度 21,824円)
    介護納付金分
           一 般      23,941円 (25年度 23,872円)
           退 職      27,082円 (25年度 27,004円)
 
    ※ 一般、退職、介護を合わせた保険料では
        一人あたりの保険料  全体 77,223円 (25年度 77,222円)
        なお、一人あたりの保険料は、平成25年度実績見込額と、平成26年度見込額。