フォトギャラリご案内

 
 
2008年11月 第4週 1252号
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,175,195

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

ログイン

ログイン

 

「原発からの撤退を~いまこそ政治決断を」綾部会場に380人が

  • 2011年7月27日(水)
  • 閲覧数
    956

7月18日、笠井亮 党原発・エネルギー問題対策責任者(衆議院議員)を迎えた講演会には380人の方々にご参加をいただきました。
綾部市民センターには空調設備がないために、12本の氷柱と扇風機で暑さをしのぎました。
九州電力による玄海原発再稼働の“やらせ”メールを国会で追及した笠井議員は、「電力会社と国が一緒になって原発の『安全神話』をふりまき、利益共同体として推進してきた」と批判。
「この体質が福島第1原発事故を引き起こし、いまだに収束ができていない」と指摘し「今こそ原発ゼロへ国民的な運動をすすめよう」と呼びかけました。

詳しくは、京都民報Web(hpp://www.kyoto-minpo.net/)をご覧ください。