フォトギャラリご案内

 
 
夏水車
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,174,769

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

ログイン

ログイン

 

関電美浜原発、高速増殖炉「もんじゅ」の調査に

  • 2011年6月20日(月)
  • 閲覧数
    1,161

日本共産党綾部市会議員団は、党府会議員団、舞鶴市会議員団などとともに、8日福井県の原子力防災対策や関西電力美浜原子力発電所、動燃高速増殖炉「もんじゅ」の調査に参加をしてきました。



福井県は、24基の原発が立地し「原発銀座」とも言われている地域ですが、高浜原子力発電所は綾部から10キロの圏域に入っています。
福井県庁ではそれぞれの担当者から、今回の東日本大震災の状況から、避難が広域化し長期化する可能性があることから検討を進めていることや、現在点検中の原発2基の再稼働については、地震対策が不十分と同意をしていないこしなどが説明されました。
日本共産党綾部市会議員団は、地震や原子力防災対策の強化のために取り組みを強化していきます。

原子力発電所PR館で炉心の模型で説明をうけている。
原子力発電所PR館で炉心の模型で説明をうけている。

 

もんじゅのナトリウム漏洩などの事故についての説明をうけている

もんじゅのナトリウム漏洩などの事故についての説明をうけている

もんじゅのナトリウム漏洩などの事故についての説明をうけている