フォトギャラリご案内

 
 
円山古墳(その1)
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,158,420

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

ログイン

ログイン

 

2月12日(木) 景気悪化に対する緊急対策を綾部市に申し入れ

  • 2009年2月13日(金)
  • 閲覧数
    1,999
日本共産党綾部市会議員団(4人 堀口達也団長)は、12日に景気悪化に対して、雇用とくらしに対する緊急対策を求める申し入れをおこないました。


議員団を代表して、堀口団長「この間事業者や小売店などの方々から景気悪化について実態やご意見をうかがってきた」として、その内容についてただちに市としても検討し実施するように申し入れました。

綾部市内においても製造業で受注の大幅な減少から、週休を増やしたり、操業を大幅に減らしている企業・事業所が増えています。そして地元の社長さんたちは、歯を食いしばって頑張っておられます。この応援こそが地域経済を振興するカギと、申し入れました。

申し入れ
現在国において「緊急雇用安定助成」「高年齢者雇用開発奨励金」「若年雇用促進奨励金」などの制度があるけれど、知られていなかったり、申請が複雑なために受給できないケースがあります。そのために、市として相談や申請を支援する窓口の開設をもとめました。

また「緊急雇用安定助成金の5分の4が国負担、5分の1が事業主負担を市でおこなうこと」や、緊急雇用対策では、環境・農林業等の政策につながるように、森林の間伐や農地の保全、学校等の小規模修理、道路の維持補修班を創設し雇用を増やすことなどを求めました。
「景気悪化に対し雇用とくらしに対する緊急対策の申し入れ」PDFファイル5KBリンク

これに対して、上原直人副市長は「各企業等の状況はきびしくなっている」とし、「臨時雇用などは各課から検討があったものを新年度に取り入れたい」と積極的対応を述べました。定額給付金についても「地元地域にその効果があるよう、振興券方式を検討」と、現在関係者との協議を行っていると報告がありました。

今の景気悪化が深刻なだけに、日本共産党議員団は引き続き市民のみなさんの要望を聞きながら緊急の対策を取り組んでいきます。