フォトギャラリご案内

 
 
彼岸花(その2)
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,193,363

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 1

ログイン

ログイン

 

志賀の七不思議伝説の一つである茗荷祭に行ってきました

  • 2009年2月 5日(木)
  • 閲覧数
    1,635
つきがしら久美子
これは、金河内の阿須々伎神社に旧暦正月の3日、茗荷があがるというもので、この茗荷の大きさや姿から稲の出来具合を占う神事です。


茗荷祭

昔は丹波の七不思議といわれ、遠くは若狭や丹後地方から参拝者があったそうです。

茗荷祭

初めてお参りしましたが、たしかにお宝田になにやら芽が出ており、それが夏の植物である茗荷となれば、当時は(室町時代)たいそう不思議だったのでしょう。
今ではそういう種類があることがわかっているそうですが・・・