フォトギャラリご案内

 
 
紅葉 大本教庭園
アルバムを見る

QRコード

QR code

サイトデザイン変更

Access Counter

1,158,086

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

ログイン

ログイン

 

議員団ニュース No.259(2008.11.21)

  • 2008年11月20日(木)
  • 閲覧数
    1,566
GDP減2期連続7-9月期景気後退はっきり」など、新聞の大見出しに不安感が広がっています。
昨年末から投機によって原油高が始まり、原材料の高騰。そのあげく、『ばくち』のような投機マネーが破綻をして、アメリカ初の金融危機が、世界経済の大混乱を引き起こしています。これが、日本経済にも深刻な影響を与えています。

日本共産党議員団は、「景気悪化から 暮らしと仕事の応援に 全力を」と、取り組みを進めます。みなさまの、ご意見などをお寄せいただきますようにお願いいたします。
なお、日本共産党は、「大企業・大銀行応援か、国民のくらし応援か、景気悪化から国民生活を守る日本共産党の緊急経済提言」(2008年11月11日)を発表いたしました。
ぜひご一読いただきますようご案内申し上げます。
議員団ニュース NO.259 2008年11月21日PDFファイル16KB外部リンク